牡蠣エキスサプリで得られる栄養素のまとめ!健康効果がスゴイ

体内の酵素を作る牡蠣

美容や健康のためには酵素を摂取すると良いことは知られるようになってきました。体外から摂取することで、体内の消化酵素の消費量が減りほかの酵素が効率よく使えるようになるわけです。しかし、いくら酵素を補給しても体内の量が少ないと意味がないのです。その酵素を上手く働かせるのが牡蠣に含まれる亜鉛というわけです。

 

▲ 酵素を作る材料
酵素は体内でも作り出されています。健康食品として利用する酵素は、体内の消化酵素の消費量を減らし、ほかの酵素を上手く働かせるために利用するものです。体内の酵素はたんぱく質・ビタミンB群・亜鉛・マグネシウムの4つの栄養素があって始めて作り出されます。1つでもかければ体内酵素は作り出されません。

 

▲ 牡蠣には4つの栄養素が含まれる
酵素を作るためには4つの栄養素を補給しなければなりませんが、牡蠣なら1つで全ての栄養素がまかなえます。その中でも特に日本人が不足しやすいがたんぱく質・亜鉛なのです。牡蠣は食品の中でも亜鉛の含有量が最も高く、たんぱく質も多いことから理想的な補給源となります。

 

▲ 酵素を作るベストバランス牡蠣マリネ
酵素を作るベストバランスなのが牡蠣ですが、亜鉛は元々吸収率が悪くなっています。食品で摂取しても一部しか取り込むことはできません。しかしお酢と組み合せるとキレート加工により、亜鉛の吸収率がアップします。酵素を体内で作る量を増やしたい方は、牡蠣のマリネがおすすめです。