美肌に導く栄養がたっぷりの牡蠣

美肌に導く栄養がたっぷりの牡蠣

牡蠣は栄養バランスが優れているため、肌に気を使う女性にこそ食べてもらいたい食品です。肌の代謝を促す亜鉛、細胞の元となるたんぱく質、脂質の代謝を促すビタミンB群も含まれています。

 

▲ 細胞の代謝を促す亜鉛
亜鉛は細胞分裂に欠かせないミネラルです。不足すれば古い角質が溜まり、肌のくすみやシミなどが目立ってきます。加齢に伴い亜鉛の吸収率が低下するため、アンチエイジング対策が必要な年齢になったら牡蠣を食べましょう。

 

▲ ホルモンバランスを整えキレイな肌に
女性にとってホルモンバランスは重要でしょう。生理前になると肌荒れが起きたり、生理不順で肌の問題も出やすくなります。牡蠣に含まれる亜鉛はホルモンの分泌を活性化させるため、ホルモンバランスが調ってきます。

 

▲ ビタミンB群で脂性肌改善に
ビタミンB群は皮脂のバランスを整えるため、ニキビ肌の予防や混合肌の方にもおすすめです。一般的にビタミンB群が多いのは豚肉といわれますが、牡蠣にも多く含まれているためおすすめできます。ビタミンB群には代謝を促す成分、カサつきを予防する成分などもあります。

 

▲ ビタミンCとの相性が良い
肌のために牡蠣を食べるなら、ビタミンCと一緒に摂取しましょう。ビタミンCと摂るとキレート作用により、亜鉛の吸収率が高まります。